七夕飾りと竹細工 |くす玉

仙台七夕まつり くす玉 七夕

七夕飾りに使われるくす玉

仙台七夕まつりで使われる七夕飾りは「七夕飾りに使われる竹細工」でもご紹介しましたが竹と紙で作られるのが基本的な飾りです。

この写真の「くす玉」は、竹ひごを編んで丸くボール状にして使われてます。

そして、このくす玉に折花を付けて仙台七夕飾りの頭の部分、くす玉が創られます。

大きさも「曲げ輪」と同じように、5号およそ「150mm」から20号およそ「600mm」のサイズが良く使われ、折花がつくとさらに20~30センチ大きく仕上がります。

よく見るサイズとしては60センチから80センチサイズのものがよく使われています。

くす玉の形も、今では丸いのが当たり前ですが、もともとは生活用品の「竹籠」をどうにかして丸くしてもらえないかと、竹細工のお店に頼んで作ってもらったそうです。

本来は笊として使われてきた竹細工だったので、今の丸い形に仕上げてもらうのにかなりの時間と工夫が必要だったと伝わっています。

 

仙台七夕まつり くす玉

この矢印の部分の下地に「くす玉」が使われています。

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました