仙台七夕の由来と歴史

日本の七夕まつりとは

日本の七タ祭は、瑞穂国の日本民族とともに、古い時代から、農を主体とした人間生活に密着しながら、複雑に変化を経てきました。

「たなばた」という日本古来の民俗信仰を母体とし、その中から盆行事の部分が仏教によって抽出包摂し去られ、更に中国伝来の乞巧箕「きこうてん」という星祭が合体し融合されたのが「七夕」です。

「七タ」という外来の中国語を、「たなばた」と日本語読みしていることが、如何に古くから「たなばた」の本体があったかを示しています。

七タの起原

日本では、毎年2回、年の始めと7月の満月になる日、すなわち旧暦の正月と7月15日は、祖霊を杷る最高潮の日とされていました。

正月の七草の日と、7月7 日とは15日の祖霊の大祭の準備に入る斉日(いわいび)です。

旧暦の7月7日頃は稲が開花期に入るとともに、風水害や病虫害の襲いかかってくる季節です。

秋の豊作を祈るには、唯一神々にすがる以外にてだてはなかったのです。

田の神は、万能の祖霊の変化したものであると信じていました。

7日の早朝、人々は襖(みそぎ)をして身を清め、祖霊を祭るお盆の行事に入りました。

これが、農耕文化とともに始まった七タの起原です。

日を定めて帰って来る祖霊(神)に、海山の幸を供え、新しく織った御衣を捧げました。

この御衣は、選ばれた乙女「棚機女」(たなばたつめ)たちが、沼や川や海の清らかなほとりに特設した機家「はたや」の「棚機」「たなばた」で、その日のために、心をこめて織り上げたものでした。

「たなばた」の語は、この「棚機女」・「棚機」から生じたものです。

仙台七夕まつりの由来「星祭」・「乞巧奠」について

太古、中国の漢水のほとりに、織女という機織の巧みな美女がいました。

父王は、この娘に、農耕熱心な牽牛という青年を婿に迎えたのです。

ところが織女は機織を怠るようになったので、怒った父王は、牽牛を漢水の対岸に追放してしまいました。

そして年に一度、旧暦7月7 日のタだけ逢いに来ることを許しました。

その日が来ると、牽牛は漢水を渡って織女に逢いにいきました。

その時には、鵠(かささぎ)が群がり集まってきて、牽牛の橋渡しをやったということです。

この地上のロマンスが、天空高く流れる天漢(あまのがわ)のほとりの、琴座のヴェガ(Vega・織女座)と、鷲座のアルタイル(Altair・牽牛座) に移して考えられるようになりました。

二星(琴座のヴェガと、鷲座のアルタイル) が視覚的に最も接近する陰暦7月7 日の夜、このニ星を祭って技芸の上達を願う中国の行事が乞巧奠といわれるものです。

乞巧奠が、中国から日本に伝来したのは、奈良時代の頃でした。

公事根源-「くじこんげん」によれば、孝謙天皇の天平勝宝7 年「755」初めて乞巧奠を行ったとあります。

梶(かじ)の葉に金の針を7本通し、また別に七つの孔をあけて五色の糸をより合わせてそれに通し、庭に椅子を置いて和琴を立てかけ、天皇が「二星会合」(琴座のヴェガと、鷲座のアルタイル) をご覧になり公卿に宴を賜わったのが始めの形であると伝えられています。

それが、次第に、日本古来の七タ信仰に加味され複合されて行きました。

江戸時代の七夕

七タ祭は、江戸時代に入って五節句のーつとされてから、全国的に一層盛んに行われるようになりました。

竹飾りも現われ出し、始めは五色の願いの糸を垂らすだけでしたが、元禄頃から短冊をさげ、吹流しをつけるようになりました。

葉竹は稲とともに本来熱帯植物だったところに意味があり、正月の門松と同じく、神の降臨のよりどころを示すものです。

仙台七夕

第6代伊達宗村の時から、1日繰上げ旧暦7月6日の宵に七夕まつりを行うことになりました。

-仙台年中行事大意-I(ニ世十遍舎一九)に『七月七日。棚機祭。六日夜より、篠竹に式紙短冊くさぐさの形を切て、歌をかき、又は、てうちんをともし、七日の朝、評定川または支倉川、澱川へ流す。」と記されています。

6日のタ方から、笹竹をかざり姫星と彦星を祭って、手習・手芸の上達を願い、線香をともすところもあり、農家では田の神の乗馬として七タ馬(藁馬)を作って屋根に上げるなどして、豊作を祖霊に祈りました。

7日朝、仙台では広瀬川に笹を流して、水を浴び、洗い物をしました。

この日を七日浴(なぬかび)とも七日盆ともいい、本来は「みそぎ」をして盆祭に入る準備をする日でした。

明治時代の七夕

このような七タ祭も、維新の変革とともに、全国的に衰微する一方でした。

特に、明治6年の新暦採用を境に、年々行われなくなり、竹飾り発祥の地東京でも、明治中期には殆ど見られなくなりました。

「東京歳時記七月」(「風俗画報」第7号、明治22年8月10日号の内)に『七タは面影も止めずそれに引替へて維新前は七日棚機の夜は市井至る所葉竹を樹ててこれに「一年を中に隔てておひ見まく星の契りや思ひつきせぬ」といへる歌をはじめ……色紙短冊等……」。

また「断腸亭日記」巻之2 (永井荷風)の大正7年(1918) 7月6日の記事に『電車にて赤坂を過ぐ。妓寓(ぎか)林家の屋上に七タの笹竹立てられ願の糸の風になびけるを見たり。

旧年の風習今は唯妓寓に残るのみ。天「若し妓なかりせば、服左祖〔祖〕。言株離たらん欺。阿町。」と嘆いています。

現代の仙台七夕

昭和2年、大町五丁目の商店街が七タ復興を提唱しました。

そして、翌3年東北産業博覧会が開催された気運に乗って、仙台協賛会(仙台観光協会の前身)・商工会議所と商店街を糾合し、元来旧暦行事だったのを新暦日付の月遅れ、すなわち民俗学上中暦と呼ばれる8 月6 日を期して今日見られるような七タ祭が始められました。

主催団体は、これを仙台七タの第1回と数えています。

この行事は年々盛大となり、昭和7年の第5 回の人出は、15万人(当時の仙台市人口 203383人)と記録されたものがあります。

戦中戦後の中断期「昭和17~ 20年」を経て、昭和21は終戦和平を待ちかねたかのように、あり合わせの乏しい紙で工夫をこらした七タ飾りが、漸くバラックの建ち始めた仙台の町並を色どり、人々の傷心にさまざまの反応をもたらしました。

翌 22年8月5日戦災の傷痕いまだなまなましい中に、天皇・皇后両陛下を迎えたのを機会に仙台七タは本腰を入れて復活されました。

その翌年には七タ協賛会が生れ、今日のような豪華絢煽たる仙台七夕まつりが推進されることになったのです。

また、諸説ありますが、藩政時代に、七タ祭が絶えることなく行われて来たのは、藩の手厚い保護で栄えた仙台商人が、この民俗行事を、商業主義と結びつけたためであるとする説もあります。

しかし、元来そこにあったものは、「三年一作」「十年三作」といいならされ、きびしい自然条件のもとに、二年に一度、三年に一度凶作が常習的に必らずくり返され、時には30万人の大量餓死をどうしようもなかったような、苦難と歎きを背負った、宿命的な大衆の生活でした。

自然の猛威は農民を直撃するに止まらず、米経済に依存する町人から武家特権階級に至るまで、甚大な影響なしに済ませられるような生易しいものではありません。

そのような中、紙というものが非常に貴重で、反古紙「ほごがみ」すら容易に手にすることのできない時代に短冊1枚に願いを込める、そこにこそ、庶民の絶大な悲願がこめられ、来る年も来る年も、神(祖霊)に棒げる祭は絶やすことができなかったのも事実です。

時に2011年、東日本大震災を経て現在、仙台七夕まつりは文化と信仰と合理的な近代概念が複雑に交差する中、今も尚一部ではありますが昔ながらの手作業で着々と準備開催されてきています。

 

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました